加齢臭ボディソープの最適な利用のタイミングは朝シャワーの時

加齢臭ボディソープの最適な利用のタイミングは朝シャワーの時

加齢臭をどうにかしたいと思っている男性は多いかと思います。ご家族から加齢臭がすると言われ、避けられるのはなんとしても避けたいものです。

 

クリアネオ ボディソープ

 

ドラッグストアに行くと、様々な加齢臭ボディソープが売られています。それらを選んで買って帰ったとしても使い時を間違ってしまうと、あまり意味がないものになってしまいます。
では、実際にはどのようなタイミングで利用するのが一番よいのでしょうか。

 

加齢臭というものは、体の中から排出された成分が発しているものになります。そのため、加齢臭を取り除くには、体の中から、臭いを発生させる成分が多く排出された直後に加齢臭ボディソープを利用して洗い流すのが一番よいタイミングとなります。

 

では、加齢臭を発生させる成分はどの時間帯に一番排出されるのでしょうか。

 

日中に汗をかいたときにも、汗とともに排出されていますが、一番多く排出されるのは寝ているときになります。人間の体温は睡眠している時間帯が体温が一番高くなります。日中暑い時間でも汗をかかなかったのに、夜寝ている間に寝汗をかくという事象はこういったことが原因で起こります。

 

また、日中は発生した成分が動き回ることで拡散していきますが、寝ている間は拡散されるほど動きがないために、着ていた服や布団や体に加齢臭が付着していくことになります。
つまり、夜に睡眠をとって、起きた瞬間が一番加齢臭が付着している時間ということになります。

 

加齢臭のCMで枕のにおいを嗅ぐ場面をよく目にしますが、夜寝ている間に頭を置いていた枕が加齢臭の一番の付着先となっているため、枕が加齢臭の温床のように扱われています。
そこで最初に戻りますが、加齢臭ボディソープを利用するタイミングは、寝ている間に加齢臭が付着した体に対して、朝のシャワーで利用するのが一番だということになります。

 

朝のシャワーで加齢臭を体から取り除くことによって、日中に着る服に加齢臭が付着することを防げます。例えば、朝のシャワーで加齢臭を取り除かずに服を着た場合、加齢臭が染みついた体から、日中の服に加齢臭が移り、日中の服も臭いの発生源となってしまいます。結果としてその服は脱いだ後も加齢臭がする服となり、洗濯物を別々に洗われるといった事態につながってしまいます。

 

対して、朝のシャワーで加齢臭ボディソープを利用して、体から加齢臭を排除した場合、日中の服に加齢臭が移ることは起こらなくなります。確かに日中であっても加齢臭の成分は分泌されるため、多少は移っているといえますが、睡眠時にため込んだ加齢臭が移るよりも少なくなります。結果として、帰宅後に脱いだ服も、今までより加齢臭が少ない洗濯物になります。

 

以上のように、加齢臭の影響を最小限に抑えるために加齢臭ボディソープを利用する場合、一番最適な利用のタイミングは起床後の朝シャワーの時です。これによって、日中の服も含めて加齢臭が一番抑制されます。