肥満の方は要チェック!痩せることで体臭が改善される可能性もある

肥満の方は要チェック!痩せることで体臭が改善される可能性もある

肥満の方は体臭の原因を作り出す原因を自分で作ってしまっております。肥満の方で自分のにおいが気になるという方は、痩せることで改善される可能性があります。

 

においの原因には、まず、一般の人よりも肥満の方は食事量が多いということが挙げられます。そのため、痩せている人と比べると汗に栄養が大量に含まれており、体臭を発する原因となる細菌の活動を活発にしてしまうことで、においがきつくなってしまいます。さらに、肉や油が多い食事をとっている人の場合、加齢臭の原因となる酸化を促すことで、さらに体臭をきつくしてしまうことになってしまいます。

 

次に、肥満の方は脂肪が多いため、体内に熱をため込んでしまい、また、体の面積も大きいので、熱を放出するために汗を大量にかいてしまいます。

 

その汗が服やシーツなどについて、細菌が発生してしまい、さらに、ぜい肉とぜい肉の間には汗が溜まりやすくなってしまい、常に湿気が溜まっている状態となるため、そこで細菌が繁殖してしまい、体臭の原因となります。汗をかきすぎているだけが原因というわけではなく、普段から汗を放置することが原因です。汗をかいたらこまめにふき取ることが大切です。さらに、こまめに衣服やシーツなどを取り換えることを忘れずに行うことで、対策となります。

 

さらに、肥満の人の場合、体をあまり動かさないということがにおいを強くしてしまいます

 

体を動かさないことで、普段から汗をかかない人の場合、汗をかいたときに体内に溜まっている異物のアンモニアなおの刺激臭がするものや、体の酸化を促す油分なども含まれているので、普段から汗をかいている人と比べると汗を濃くしてしてしてしまいます。普段から運動をしたり、お風呂などで汗をかくなどが対策となります。

 

太り気味の人は皮脂が多いというのも原因の一つです。皮脂でベタベタする汗は、乾くのに時間がかかるため本来は臭わない汗が甘酸っぱい臭いを放ちます。改善するためには、皮脂の分泌量を減らすために、食生活を見直すことが大切です。

 

肥満の方の場合、生活習慣病になりやすいということがあり、そのにおいは、生活習慣病のサインの場合もあります。生活習慣病の中には、アンモニアやケトン体などの臭い物質を出してしまうものもあります。特に糖尿病の方の場合、糖分を代謝により体外に出すことを糖代謝といい、その糖代謝が糖尿病の方はうまくいかず、甘酸っぱいにおいを発生させてしまいます。もしも心当たりがある場合は病院で検査を受けることがおすすめです。

 

体臭を改善させるためには、痩せるためにはまず、体脂肪を減らすことが大切です。運動には、有酸素運動のウォーキングや水泳などがおすすめです。また、脂肪が燃焼するまでには、運動を始めてから20分ほど過ぎてからなので、30分以上は運動することが大切です。

 

さらに、肉や揚げ物といった脂肪分が多い食事よりも、筋肉を増やすために、脂分が少ない肉などで良質なたんぱく質をとることが重要です。お風呂は体臭が発生しやすいデリケートゾーンや関節の裏、足の裏などをしっかり洗い、湯船に入ることで老廃物を排出することにつながります。