きゅうりは栄養がない野菜ですが、美肌効果やダイエット効果がある

きゅうりは栄養がない野菜ですが、美肌効果やダイエット効果がある

きゅうりは世界一栄養がない野菜としてギネスブックにのっている野菜です。

 

栄養がない野菜ですが美肌効果やダイエットが期待できます。きゅうりの95%は水分です。水分の中には少しずつですが、ミネラルやビタミンが含まれていて、天然のミネラルウォーターといわれています。きゅうりの旬は夏で、汗をかいてミネラルが失われる夏の熱い日の水分補給に適しています。中でもむくみの解消を助けるカリウムを豊富に含んでいます。

 

塩分の摂りすぎはむくみの原因になります。塩分を摂りすぎると、血液中の塩分濃度を一定に保つために体内に水分をため込むようになります。カリウムは塩分の排泄を助けて、塩分が排泄されることで余分な水分も排泄されます。また、きゅうりにはシトルリンという利尿作用がある成分も含まれています。

 

シトルリンはスイカ、メロン、にがうりなどのウリ科の植物に含まれています。わずかではありますがビタミンCも含んでいます。ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線を浴びて発生するメラニンの生成を抑制したり、メラニンを薄くする働きがあります。紫外線を浴びる前にビタミンCを摂取することで紫外線対策が期待できますが、きゅうりを日中に食べるとシミが増える可能性があります。きゅうりには摂取してから紫外線を浴びるとシミをできやすくするソラレンという物質が含まれています。そのため、紫外線を浴びる心配がない夜に食べるとよいでしょう。

 

同じ理由でキュウリパックも昼間に行わない方がよいです。1日1~2本のきゅうりでダイエットに成功したという方もいます。きゅうりには脂肪の分解をする酵素のホスホリパーゼが含まれています。酵素は細胞の中に含まれているため、植物の細胞壁を壊さなければなりません。酵素を効率的に摂取するためにはすりおろすことが効果的です。セラミックよりもおろし金がすりおろしやすいです。すりおろしたきゅうりは、そのまま食べてもよいし、ドレッシングにしたり、納豆にかけたりして食べることもできます。