薄毛にならないために、目を酷使しないように気をつけましょう

薄毛にならないために、目を酷使しないように気をつけましょう

薄毛を何とかしたいと思っている人は日頃の生活習慣を見直して改善することも大切です。

 

 

例えば、普段外で過ごす時間が多いという人は紫外線対策をしっかりと行う必要があります。紫外線を浴びすぎてしまうと頭皮のバリア機能が低下してしまったり、炎症を起こしたりする原因になって頭皮環境が悪化してしまいます。また、逆に全く日光を浴びないというのも頭皮環境にとってはよくありません。日光を浴びると毛母細胞を成長させるために必要なビタミンDが活性化されます。頭で直接日光を浴びなくてもビタミンDは活性化されるので、日中ほとんど室内で過ごしているという人は紫外線対策はしっかり行ってから日光を浴びる時間をつくりましょう。

 

 

また、肥満も薄毛の原因になります。肥満の人は、血液がドロドロになっていて、必要な栄養素が頭部までしっかりと運ばれにくくなってしまいます。また、汗の質も悪くなるため頭皮環境も悪化しやすくなります。肥満の人はダイエットするのがおすすめですが、全く食べないとか、同じ物ばかり食べるというようなダイエットは栄養不足になって逆に薄毛が悪化する原因になってしまうので注意が必要です。暴飲暴食を避けて栄養のバランスとれた食生活を送っていくようにし、運動も取り入れてダイエットを行っていきましょう。

 

 

さらに、普段パソコンやスマートフォンを長時間使用しているという人は眼精疲労が薄毛の原因になっている可能性があります。眼精疲労になるとシステインという物質を使って回復しようとするのですが、このシステインという物質は毛髪を育てるケラチンという物質を生成する際に必要な物質なので、眼精疲労の回復にシステインがたくさん使われるとケラチン不足になってしまうのです。また、眼精疲労になると首や肩がこってくると思いますが、頭部に近い首や肩がこってしまうと血流が悪くなってしまって、頭部まで栄養素が運ばれにくくなってしまいます。パソコンやスマートフォンを使う時間をなるべく少なくしたり、小休止をとるなど対策をとってできるだけ目を酷使しないように気をつけましょう。